Looking for:

Microsoft Office Professional Plus Download – Microsoft Community.Microsoft Office – Wikipedia

Click here to Download

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Office をインストールするときは、Office プランに自動的にリンクされます。 管理者や組織内のユーザーの Office に ” アカウントに関するお知らせ ” や ” ライセンスのない製品 ” というエラーが表示される場合は、新しい Office プランに付属するバージョンの Office をインストールしてから、以前のプランに付属していたバージョンの Office をアンインストールする必要があります。 この簡単な修正プログラムを使用して Office をアンインストールし、手順に従い、Office を再インストールします。. Office のライセンス認証を行う. Office の 32 ビット版を以前に PC にインストールしたが、今度は 64 ビット版をインストールする場合、32 ビット版をアンインストールし、64 ビット版の Office を再インストールする必要があります。 32 ビット版をアンインストールするには、次に示す Office をアンインストールするための簡単な修正プログラムを使用します。. Office をセットアップする ユーザーを最新版の Office にアップグレードする 組織にある複数のコンピューターに Office を展開する. Feed Back. ビル・ゲイツ ポール・アレン.
 
 

Microsoft office標準2013年商品のキーまたは64ビット無料. FMVA77MBJ/MWJ/MRJ

 
詳細は「 en:Microsoft Office 」、「 en:Microsoft Office 」、および「 Microsoft 」を参照. それでも問題が解決しない場合は、管理者は 一般法人向け Office のサポートに問い合わせる ことができます。. Windows 11、Windows 10、Windows Server 、Windows Server 、または Windows 10 LTSC 、または Windows 10 LTSC 。. Microsoft Office (マイクロソフト オフィス)は、 マイクロソフト の オフィススイート である。. 価格から判断するとOffice Home Premiumは最新Officeを導入する最も安価な手段であり、日本を除く海外ではMicrosoftがOffice のサブスクリプション型に個人ユーザーを誘導する狙いがある。ともあれ、日本で同製品が提供されないのは国内市場状況ゆえの事情とはいえ少々残念だ。.

 

Microsoft office標準2013年商品のキーまたは64ビット無料

 

Professional Plus: Skype for Business の通話と会議の機能をフルに活用するには、標準的なノート PC のカメラまたは USB 2. Microsoft Office for Mac Standard. 家庭向けの Office スイートは、Word、Excel、PowerPoint などのアプリが含まれている 1 回限りの購入版の製品であり、2 台の Windows PC または Mac でユーザー 1 人が使用できます。1 回限りの購入版の Office には、Microsoft で利用できるサービス たとえば Exchange Online や SharePoint Online は含まれていません。. Windows の場合: Microsoft Teams の要件については、 Microsoft Teams のハードウェア要件 をご覧ください。.

Microsoft Edge、Internet Explorer、Chrome、Firefox の最新バージョン。 詳細については、こちらをご覧ください。. Microsoft Teams の要件については、 Microsoft Teams のハードウェア要件 をご覧ください。.

一般法人向けの Office LTSC スイート製品は 1 回限りの購入版であり、5 台を超えるコンピューターで使用する場合にボリューム ライセンス契約を通じて購入できます。1 回限りの購入版の Office には、Microsoft で利用できるサービス たとえば Exchange Online や SharePoint Online は含まれていません。. Office LTSC Standard 、Office LTSC Professional Plus 、Office LTSC Standard for Mac Office LTSC から Microsoft のサービス Exchange Online、SharePoint Online など への接続がサポートされるのは Office LTSC のメインストリーム サポートが終了するまで、つまり 年 10 月までとなります。.

Office LTSC Standard for Mac コンポーネント要件 コンピューターとプロセッサ Intel または Apple シリコン 新しい順に 3 つのバージョンの macOS でサポートされているもの. Exchange Server Exchange Server のシステム要件 Outlook で Exchange の機能を使用するためのライセンス要件 Skype for Business Server Word 、Excel 、Outlook 、PowerPoint 、Skype for Business はどれも Windows 版と macOS 版の両方があります。.

Office for Mac は、新しい順に 3 つのバージョンの macOS でサポートされます。macOS の新しいメジャー バージョンの一般提供が開始すると、Microsoft は最も古いバージョンのサポートを終了し、最新とその前 2 つのバージョンの macOS をサポートします。製品の動作と機能は、最新以外のシステムでは異なる可能性があります。最適なエクスペリエンスのために、上記のオペレーティング システムの最新バージョンをご使用ください。. マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は、Windows 10 での使用に合わせて最適化されています。.

Skype for Business の通話と会議の機能をフルに活用するには、標準的なノート PC のカメラまたは USB 2. Access 、Publisher 、Project Standard および Professional 、Visio Standard および Professional はどれも Windows 版のみです。. Word 、Excel 、Outlook 、PowerPoint はどれも Windows 版と macOS 版の両方があります。. Microsoft のサービス Exchange Online、SharePoint Online など への接続がサポートされるのは Office LTSC のメインストリーム サポートが終了するまで、つまり 年 10 月までとなります。. Windows OS: Windows 10、Windows 11、Windows 10 LTSC 、Windows 10 LTSC 、Windows Server 、または Windows Server 。.

Microsoft アプリの多くは、Windows Mobile、iOS、Android のデバイス用のバージョンも用意されています 3 。これらのアプリの詳細については、 モバイル用 Microsoft のサイトをご覧ください。Word、Excel、PowerPoint、OneDrive のモバイル アプリには、Microsoft サブスクリプション ユーザー向けの追加機能があります。Microsoft で利用できるモバイル アプリの追加機能の情報については、 Windows Mobile 、 iOS 、 Android のページをご覧ください。.

モバイル アプリ. Windows: Office Mobile アプリ Word、Excel、PowerPoint、OneNote を使用するには、 サポートされているバージョンの Windows 10 Mobile が、 サポートされているデバイス で実行されている必要があります。. Android: Office for Android これには Outlook for Android も含まれます をインストールするタブレットやスマートフォンは、サポートされているバージョンの Android を実行していることと、ARM ベースまたは Intel x86 のプロセッサを搭載していることが必要です。 年 7 月 1 日以降は、サポートされる Android のメジャー バージョンは新しい順に 4 つまでとなります。.

Safari と Chrome: Microsoft 、Office 、 Office LTSC、および Office は、最新バージョンの Safari と Chrome と連携するように設計されています。. Microsoft Edge: Microsoft 、Office 、 Office LTSC、および Office は、最新バージョンの Microsoft Edge ブラウザーと連携するように設計されています。Microsoft と Office は、古いバージョンの Microsoft Edge 従来版ブラウザーでも連携する可能性がありますが、動作は保証されません。. Firefox: ほとんどの Microsoft アプリ、Office 、 Office LTSC 、および Office は、最新バージョンの Firefox と連携するように設計されています。ただし、Firefox では Microsoft Teams 会議は完全にはサポートされていません。.

Microsoft Teams 会議が完全にサポートされるのは、最新バージョンの Microsoft Edge と Google Chrome です。Teams 会議がサポートされるブラウザーの詳細については、 「Microsoft Teams の制限事項と仕様」の「ブラウザー」 をご覧ください。. Office スイート製品は、Word、Excel、PowerPoint などのアプリが含まれる 1 回限りの購入版の製品であり、2 台の Windows PC または Mac でユーザー 1 人が使用できます。一般法人向け Office スイート製品を、5 台を超えるコンピューターで使用する場合は、ボリューム ライセンスを通して購入できます。1 回限りの購入版の Office には、Microsoft で利用できるサービス たとえば Exchange Online や SharePoint Online は含まれていません。Office や Office から Microsoft サービスへの接続がサポートされるのは、 年 10 月までとなります。.

コンポーネント要件 コンピューターとプロセッサ 1 GHz 以上の x86 ビットまたは x64 ビット プロセッサ SSE2 命令セット対応. Windows 11、Windows 10、Windows 8. 最新ではないシステムでは、利用できる製品機能が異なる場合があります。最適なエクスペリエンスのために、上記のオペレーティング システムの最新ビルドをご使用ください ライフサイクル ポリシー を検索してください 。. Internet Explorer、Microsoft Edge、Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン。 詳細については、こちらをご覧ください 。. マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は、Windows 11、Windows 10、Windows 8. 最新ではないシステムでは、利用できる製品機能が異なる場合があります。最適なエクスペリエンスのために、上記のオペレーティング システムの最新ビルドをご使用ください ライフサイクル ポリシーを検索してください 。.

Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business Online、OneDrive for Business を利用するには、条件を満たす Microsoft サブスクリプションが必要です。. Rights Management 機能には、Microsoft Rights Management のクラウド展開 Azure Rights Management またはオンプレミス展開 Active Directory Rights Management サービス のいずれかへのアクセスが必要です。.

Exchange の機能を Outlook で利用するには、Microsoft Exchange Server Service Pack 2 以降または一般法人向け Microsoft への接続が必要です。. Office Standard と Office Professional Plus マルチタッチ機能を使うには、タッチ対応デバイスが必要です。ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な、またはアクセシビリティ対応の入力デバイスを使用して利用できます。タッチ機能は、Windows 10、Windows 8.

Microsoft office Professional Plus リテール版正規プロダクトキー 再インストール可能 マイクロソフト公式サイトからダウンロード 永続 office Microsoft Office 2PC マイクロソフト オフィス 再インストール可 プロダクトキー 永久ライセンス ダウンロード版 認証保証 インストール遠隔サポート. Wondershare PDFelement 標準版(Windows版)永続ライセンス PDF編集ソフト PDF変換 PDF作成 強力のPDF編集ソフト Windows10対応.

Microsoft Office Mac 対応 30分以内にお届け 送料無料 M1 M2 対応正規版 永続な使用 Word Excel その他のアプリケーション 日本語. Microsoft office Professional Plus 正規プロダクトキー リテール版 マイクロソフト公式サイトからのダウンロード版 Windows 永続ライセンス 1PC. Wondershare PDFelement Pro(Windows版)永続ライセンス PDF編集ソフト OCR対応 PDF変換 PDF作成 All-in-oneのPDF万能ソフト Windows10対応.

一方、法人導入向けには年間/月間単位で契約するサブスクリプション型の「Office 」がある. 関連キーワード Windows 8 Windows 8. 関連記事 Windows 8特集 10月26日、ついに「Windows 8」が発売される! 生まれ変わったUI、Windows ストア、そしてタッチ対応のPC新モデルまで、Windows 8の注目記事と最新情報をお届け!! 次世代PCデータ通信特集 モバイルWiMAXや3G/HSPAの旬なPCデータ通信から、次世代の高速通信まで、「PCでデータ通信を利用するユーザー」のためのPCデータ通信関連情報を随時更新! 関連リンク Office総合ポータル 日本マイクロソフト. Office は最大 5 台のコンピューターでライセンス認証を行うことができます。 5 回のインストール権利をすべて使用し、別のコンピューターに Office をインストールする場合、インストールを非アクティブ化する必要があります。 非アクティブ化してもコンピューターから Office は削除されませんが、ライセンス認証を行うまでそのコンピューターで Office を使用することはできません。 「 Office を非アクティブ化する 」を参照してください。.

Mac に Office をインストールする手順については、「 Office または Office を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする 」を参照してください。. Mac に対するダウンロードおよびインストールの問題については、「 Office for Mac をインストールできない場合の対応策 」を参照してください。. Office for Mac をインストールしても、アプリのアイコンは自動ではドックに追加されません。 ドックに追加するには、スタート パッドまたはアプリケーション フォルダーからアプリのアイコンをドラッグします。 「 Office for Mac のアプリ アイコンをドックに追加する 」を参照してください。. Office for Mac をアンインストールする. Mac で Office をライセンス認証するには、「 Office for Mac のライセンス認証を行う 」を参照してください。.

Mac ライセンス認証の問題のトラブルシューティングを行うには、「 Office for Mac のインストールやライセンス認証ができない場合の対応策 」の [ライセンス認証] のタブを参照してください。. Microsoft AutoUpdate は、最新のセキュリティ修正プログラムや改善プログラムを使用して、Office を常に最新の状態に保ちます。 Mac で更新プログラムをインストールしたり、確認したりするには、「 更新プログラムを自動的にチェックする 」を参照してください。. 最新の更新プログラムを確認するには、「 Office for Mac の更新履歴 」を参照してください。.

Android、iOS iPhone あるいは iPad 、または Windows Mobile デバイス アプリ用の Office アプリは、お使いのデバイス用のアプリ ストアからダウンロードできます。 Office アプリをダウンロードしてセットアップする方法の詳細については、以下の中からデバイスを選択します。.

Android デバイスで Office アプリとメールをセットアップする. iOS デバイスで Office アプリとメールをセットアップする. Windows Phone で Office アプリとメールをセットアップする または Windows Phone で Office アプリをセットアップする. スマートフォンやタブレットでのメール セットアップのトラブルシューティングについては、「 モバイルでのメール セットアップのトラブルシューティング 」を参照してください。.

多くの場合、このようなほとんどのデバイスで基本的な編集を行うことができますが、対象の Office サブスクリプションをお持ちの場合は、アプリの追加機能にもアクセスできます。 特定のドキュメントを編集できないことがわかっている場合は、「 Office サブスクリプションを使って Android、iOS、または Windows モバイル デバイス向けの Office アプリでできること 」を参照してください。. Office をインストールした後、Office アプリケーションが見つからない場合、またはインストールが成功したどうかがわからない場合は、「 Windows 10、Windows 8、Windows 7 で Office アプリケーションを探して起動する 」を参照してください。. 解決するには、最初に最新バージョンの Office 更新プログラム がインストールされていることを確認します。. それでもアプリケーションが動作しない場合は、「 PC で Office または アプリケーションを起動すると、”動作が停止しました” エラーが表示される 」のオプションを試します。.

Office をインストールまたは再インストールする手順については、「 Office をインストールする 」を参照してください。 Office の場合は、「 Office のインストール 」を参照してください。. Office のインストール時に問題が引き続き発生する場合は、「 Office のサポートに問い合わせる 」を参照してください。. Microsoft はフィードバックをお待ちしております。 これらのソリューションのいずれかが役に立った場合は、以下でコメントを残してお知らせください。 役に立たなかった場合は、表示されたエラー メッセージとエラーが表示されたときのインストール プロセスの内容を含む、問題の詳細情報についてお知らせください。 お寄せいただいた情報は、さらに問題を調査するために利用させていただきます。.

Office をインストールする方法 Project または Visio をインストールする方法 特定の Office アプリケーションのみをインストールしたい 別のドライブに Office をインストールしたい 32 ビット版の代わりに 64 ビット版をインストールする Chromebook に Office をインストールする. インストール ボタンを使用して Office をインストールできない インストール中に KERNEL dll エラーが発生する “Office のインストールはお待ちください” Office をインストールする際にエラー メッセージが表示される. Office をアップグレードする Office の更新プログラムをインストールするにはどうすればよいですか? サインインできない パスワードを忘れた場合. ライセンス認証エラーのトラブルシューティングを行う インストールを非アクティブにする. Mac に Office をインストールする場所 Mac に対するダウンロードとインストールの問題 Mac でアプリが見つからない Office for Mac のアンインストール Mac での Office のライセンス認証 Mac ライセンス認証の問題 Mac で更新プログラムをインストールする.

Android でメールをセットアップする iPhone または iPad でメールをセットアップする Windows Phone でメールをセットアップする モバイル デバイスでのメール セットアップのトラブルシューティング モバイルで Office アプリを使用してドキュメントを編集できない. Office アプリケーションが見つからない Office プランを切り替えたところ Office を使用できなくなった Office が “動作が停止しました” というメッセージを表示する お使いの製品またはライセンスがわからない. Outlook Skype for Business OneDrive for Business SharePoint お問い合わせ. 最新バージョンの Office をダウンロードしてインストールする手順をお探しの場合は、「 Office または Office を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする 」を参照してください。.

Project Online Professional または Project Online Premium を PC にインストールする方法については、「 Project をダウンロードしてインストールする 」を参照してください。. PC に Visio Pro for Office をインストールする方法については、「 Download and install Visio Pro for Office 」 Visio Pro for Office をダウンロードしてインストールする を参照してください。.

Office をインストールするときに、特定の Office 製品に付属しているアプリケーションはすべて同時にインストールされます。 どの Office アプリケーションをインストールするかどうかのカスタム設定は、ご自分で行えません。また、インストールの完了後、アプリケーションを個別に削除することはできません。 ただし、使う予定のないアプリケーションのショートカットは削除することはできます。. Office の 32 ビット版を以前に PC にインストールしたが、今度は 64 ビット版をインストールする場合、32 ビット版をアンインストールし、64 ビット版の Office を再インストールする必要があります。 32 ビット版をアンインストールするには、次に示す Office をアンインストールするための簡単な修正プログラムを使用します。.

注: Access は、Windows 7 以降を実行しているコンピューターにのみインストールできます。 Mac には Access をインストールできません。. Office のインストールに問題がある場合、状況によってはアンインストールしてから再インストールする必要があります。 前述の「 Office のインストール中の問題 」を参照してください。.

com 」に移動し、職場や学校のアカウント でサインインします。. 注: 職場または学校アカウントでサインインできない場合は、間違った Office サービスにサインインしている可能性があります。「 Office にサインインする場所 」を参照してください。. ブラウザーのヘッダーから、[ 設定 ] 、[ アプリの設定 ]、[ Office ] の順に移動します。.

最新のデスクトップ版の Office、SharePoint Online、OneDrive for Business、Exchange Online など、ライセンスをお持ちのサービスが表示されます。 一覧に 最新のデスクトップ版 Office がない場合 組織に Project または Visio を含むプランがあるときに、それらのアプリケーションが表示されない場合 、管理者が Office ライセンスを割り当てていない可能性があります。 管理者であれば、「 一般法人向け Office ライセンスをユーザーに割り当てる 」を参照してください。 詳細については、「 取得している一般法人向け Office 製品またはライセンスの種類を調べる方法 」を参照してください。. ライセンスがある場合は、 Office を PC または Mac にインストールする 準備ができています あるいは、 Project Online デスクトップ クライアント または Visio Pro for Office 。. すべての Office サブスクリプション プランに、フル機能の Office アプリケーションが含まれているわけではありません。 「 一般法人向け Office 」の列の下に、Office デスクトップ クライアントが含まれていないプランの一覧が表示されています。 組織に Microsoft のいずれかのプランがある場合、フル機能の Office バージョンを必要とする組織のユーザーのために、Office 管理は 別の Office プランまたはサブスクリプションに切り替える か、 別の一般法人向け Office サブスクリプションを購入 することができます。.

ご自身が管理者で、お使いの製品のプランがわからない場合、「 取得している一般法人向け Office サブスクリプションの種類を調べる方法 」の手順に従います。プランの比較については、 中小企業向けプランの比較 、または 大企業向けプランの比較 を参照してください。.

学生または教師で、Office をインストールするオプションが表示されない場合は、Word、Excel、PowerPoint、OneNote を含む Office Education を利用できる可能性があります。 有効な学校のメール アドレスがあれば、今すぐ使い始めることができます。 詳細については、「 Office を無料で 」を参照してください。. Office のシステム要件 を必ずご確認ください。 たとえば、Windows Vista または Windows XP を実行しているコンピューター、またはサポートされている Windows または Mac オペレーティング システムを実行していないデバイスに Office をインストールすることはできません。 ただし、 Office Online はコンピューターのブラウザーで引き続き利用できます。.

使用しているオペレーティング システムがわからない場合、「 実行されている Windows オペレーティング システムはどれですか? エラー:Office のインストールはお待ちください。現在のメールボックスからメールを受信することはできません. Microsoft サブスクリプションを使用している場合は、Office アプリケーションのメニュー バーにアップグレード通知が表示されます。または、Microsoft にサインインして、手動でバージョンを更新できます。 一般法人向け Office を使用して Office にアップグレードする方法 を参照してください。.

最新の Office は、最新のセキュリティ更新プログラムや修正プログラムを保持していることを確認します。 管理者から更新プログラムをインストールする権限が割り当てられている場合は、「 Office の更新プログラムをインストールする 」を参照してください。. Microsoft には、さまざまな Office サービスがあり、それぞれのサービスに独自のサインイン ページがあります。 サインインする場所は、使用しているサービスによって異なります。. 中国の 21Vianet の Office を使用している場合は、職場または学校のユーザー名とパスワードを使用して次のサイトにサインインします:. Office Germany を使用している場合は、職場または学校のユーザー名とパスワードを使用して次のサイトにサインインします:. アカウントの詳細については、「 Office にサインインする場所 」または「 ユーザー ID に関する説明と一般法人向け Office でそれが必要な理由 」を参照してください。.

ヒント: ツールをダウンロードしてインストールするには数分かかる場合があります。 インストールが完了すると、[アプリケーションのインストール] ウィンドウが開きます。. Edge 以前のバージョン または Internet Explorer. exe ] の順に選択します。.